地球温暖化で、毎年暑い夏がやってきます。
電器店のエアコン売り場はにぎわい、建物にエアコンがついているのは当たり前の世の中です。
しかし、エアコンに頼りすぎるのは注意が必要です。
なぜでしょうか。

夏の太平洋側の地域は、太平洋から湿気が運ばれてきます。
実はこの湿気は、簡単に結露をおこしてしまう建物にとっては非常に危険な空気なのです。
エアコンによってその湿気に温度差をあたえると建物の壁の中で壁体内結露を起こし、建物の耐久性を落としてしまうからです。
当然、どのような断熱工法でも壁の中を真空にしない限り空気自体を遮断することはできません。

では、どのようにエアコンの稼働率を下げればいいのか?
ちょっとだけ昔の家づくりを学んでみましょう。
 

昔の家、農家の濡れ縁



本来の建物に求められた性能は、自然環境との融合でした。

日本の家は、雨が降っても障子が濡れない工夫がされていたのです。
じゃあ、今の家も茅葺(かやぶき)にするかというと・・・
難しいですよね。

でもこんな工夫をするだけで、日差しをさえぎりやすく、なおかつ雨の日でも窓を開けていられる家ができるのです。
(※画像をクリックしていただくと大きいサイズでご覧いただけます。)

バルコニーに屋根普通の総二階のお家です。
軒が高く一階の窓は開けることもできないし、強い日差しが当たります。


バルコニーに屋根風を通したい窓の上にバルコニーをかけただけで、日差しをさえぎり雨も入りにくくなります。


バルコニーに屋根ついでに二階のバルコニーを引っこめて、屋根をかけます。
洗濯物が突然の雨でぬれる心配が減りますし、花粉がついてしまうことも減らせます。

バルコニーに屋根がついていれば、なかなかタバコを止められないパパの喫煙所としても快適です。
パパの喫煙所

 

次は生活作戦マップ7をご覧ください