ベビーベッド赤ちゃんはいつ夜泣きするかわかりません。
寝かせていても奥さまは離れられなくなるものです。

たとえ柵があるベビーベッドで寝かせていたとしても安心はできません。
赤ちゃんがうつ伏せ寝になってしまい、呼吸困難になる事故が毎年起こっているからです。
ご主人の仕事が残業で遅く帰ってきたとき、赤ちゃんを寝せたままキッチンに立つことはとても危険なのです。
 
また、子どもがいれば男の子は鎧兜や破魔弓、女の子はひな人形などを飾ると思います。
しかし、いつ使うかわからない客間にはなかなか飾れないものですよね。
 

そんな時、泣き声が聞こえる距離に、畳の部屋があれば問題ありません。
 

畳の部屋
 
畳の部屋

リビング横に4畳半の畳スペース

 
畳の部屋

リビング横に扉の閉まる
小上がりの畳スペース


 

次は生活作戦マップ4をご覧ください