ZEH(ゼッチ)とは?

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。
ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ZEH(ゼッチ):省エネ省エネルギー
断熱性の高い外壁材などで、住まいの断熱性をあげたり、省エネ性能の高い給湯システムを導入して、消費するエネルギーを減らすなど。
ZEH(ゼッチ):省エネ創エネルギー
太陽光発電システムを設置したり、創出した電力を蓄電池システムによって効率的に使うなど。

ZEH(ゼッチ)

※狭小住宅などで、充分な太陽光発電システムの設置ができない場合の措置として、年間の消費一次エネルギー量を限りなくゼロに近づけた、Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)も定義されています。

すまい俱楽部のZEH事業計画

すまい倶楽部は、平成32年にZEH普及率50%(ニアリーゼッチ含む)を目標に掲げています。
ZEH目標

※28年度ZEH建物完成実績 0棟