狭小の平屋住宅、勾配天井で開放感
トップライト(天窓)からの採光で明るい寝室

施工ポイント

延床面積約20坪の狭小住宅ですが、勾配天井を設けた開放感のあるLDKにしています。
寝室はトップライト(天窓)からたっぷり採光が入り、夜は星空も眺められるのも魅力です。

写真

  • 外観
    外観
    あたたかみのあるオレンジの外観に切り妻屋根の平屋住宅です。

    玄関は角に位置するため、扉までのアプローチ階段は2方向から入れる仕様になっています。
  • 玄関
    玄関
    靴の脱ぎ履きがラクになる、壁付けの補助イスを設置しました。

    普段は折りたたんでしまっておけるため、玄関を広々使うことができます。

    また、シューズクロークに全身が見えるミラーをつけました。
    お出かけ前に身だしなみを確認することができて、便利ですね。
  • LDK
    LDK
    勾配天井の開放感のあるLDKです。

    和室をつなげれば、約362もの広さになり、たっぷりと使えます。

    和室は入ってすぐに畳ではなく、フローリングを施しているため、LDKとつなげても違和感がありませんね。

  • 寝室
    寝室
    寝室は、トップライト(天窓)を設け、日中は自然光だけでも十分明るいお部屋です。

    トップライトは勾配天井との相性が良く、開放感を増やすことにもつながります。
  • 納戸
    納戸
    寝室から両開きの扉を開けば、奥行きのある納戸が広がります。

    ハンガーパイプを3方向に設け、たっぷり洋服をかけることができます。

    窓からも光が入るため、明るい納戸になります。

施工概要

所在地
福島県いわき市
竣工
2016年6月
家族構成
2人(ご夫婦)
延床面積
20.91坪(69.26m²)
この施工例についてのご質問はお気軽に!